人は自分自身の経営者

AI時代「こういう会社は必ず滅びる」あなたの会社は大丈夫ですか? という題で講演されているこの動画の内容がめちゃ面白いと感じたのでお伝えいたします。 全ての人は経営者、それは「自分という存在の経営をしています」 悲報AI時代 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

何歳だって遅くない

この方をご存知ですか?」私は知らなかったんです。愛知県丹羽郡扶桑町でポエムピアノ教室を開きポエムピアニストとして活躍されている「錦城まりこ先生」におしえていただいた方です。この方は、ネッツトヨタ名古屋 代表取締役社長、自動車業界カリスマディーラー「小栗成男氏」です。この方が書いた本「両方本気」が面白かったのでご紹介しちゃいます。本のはじめのプロローグから私には響いてきたので少しだけ抜粋して紹介します。「ニューヨークのカーネギーホールのステージに立ち、オペラ・アリアを歌いたい!」こんな衝動に胸を焦がすようになったのは、50歳で声楽を習いだして数ヶ月経ったころだ。僕はそれまでクラッシック音楽の経験はまるっきりなかった。もっと言えば、楽譜もろくに読めなかった。そんなズブの素人が抱くには無謀すぎる夢かもしれない。・・・(途中省略)無茶な夢かもしれないが、すでに50歳だから、経験が浅いからと言って、挑戦していけない理由はない。もちろん、実現できるかどうかはわからない。でも、目指すのは自由だ。とことんやってみようじゃないか。夢をかなえるために最も大切なものとはなんだろうか?ゆるぎない、「信念」と「情熱」だと僕は思っている。「やりたい、やらずにはいられない」「必ず実現させたいんだ」と腹の底から湧き上がる熱い想い。情熱は、自分を動かし、現実を変えるための基本的なエネルギーだ。その情熱を支えるのが、「覚悟」と「勇気」だと思う。困難に立ち向かうことになっても、「自分にはできる!」と自らを信じる強い気持ちを持ち続けられるか。失敗したり、恥を掻いたり、人からいろいろ言われたりしても、めげずに前を向いてやりつづけられるか。それには、覚悟と勇気が必要だ。年齢がいきすぎているとか、自分には能力や才能がないとか、経験が乏しいとか、立場や環境的に難しいとか、先に、「出来ない理由」を挙げて逃げ腰になってしまうのは、覚悟と勇気ができていないからだ。傷つくことを怖がる気持ちは、情熱に水を差す。無理そうなこと、困難が予測されることを避けていれば、傷つかずに済む。だけど、自分の中に湧いた情熱にフタをして、やる前から「無理に決まっている」「できるわけない」と決めてかかることは、本当の幸せだろうか。一度きりの人生、それでいいのだろうか。・・・(途中省略)正直、夢と希望とワクワク感だけで成し遂げることができたわけでもない。何度やってもうまくできない自分に腹を立てたり、「俺はダメだ」と意気消沈したり、コンディションを崩して窮地に陥ったり。そんなときは、「クソッ、こんなことで挫けていられるか!」と、悔しさ、ふがいなさ、怒りなどの感情を発奮のエネルギーにした。人から見ると、僕は恵まれた立場で苦労知らずに映るらしいが、実際の僕は挫折を味わい辛酸を甞めてきているし、できないこと、苦手なことへのコンプレックスも多い。葛藤だらけだ。ただ、それをグチったり、仕方がないかとあきらめてしまう人生は送りたくない。・・・ここまで、プロローグの一部をご紹介させていただきました。経営者の考え方、ビジネスマンの意識、私たち全員にもなにかが響いてくるような感覚があったのでこの本をご紹介いたします。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。