마음가짐과 마음가짐

私が変化した思考力


私が変わらせてもらったイメージング力、メンタル力、質問力、思考力、行動力、これだけではない力が今の私を作り続けています。 和田裕美さんの本の内容がそのままの以前の私を表しているので使わせていただきました。 ここに2人の男性がいたとします。 AさんもBさんも、仕事で大失敗しました。 2人とも上司に叱責されて、『あー、もうおしまいだ。クビになるかもしれない』と、とっても落ち込んでいました。 【Aさんの場合】 Aさんは自分を責めて、次の日も『自分なんか、どうせダメなんだ・・・』とヘコんだまま会社に行きました。 会社に行ってやる気なさそうに無表情になっていたら、周りの人もAさんに話しかけにくく、だんだんAさんを疎ましく思うようになります。 Aさんは孤立して、さらに人と話すのが嫌になってきました。 そのせいで余計に、1人で仕事を抱えすぎて処理ができなくなり、また小さなミスをしてしまいます。 そうしているうちに自然と自分の居場所が会社になくなって、ますます嫌になって辞めたくなりました。 彼はクビになったのではなく、自分で辞めたのです。 【Bさんの場合】 同じように落ち込んでいたBさんですが、泣いても怒っても事実は同じだと思いました。 そして、『失敗したという事実を変えられないんだったら、ここから何を学んだか、何かいいことを探してみよう』と決心したのです。 『今まで過信していたからだ。これ以上悪くなる前に問題が発覚してよかった』 『これは大きな失敗だけど、ここで気が付かなかったらもっと大きな失敗をしたはず。今のうちに、気付いてよかった』 『自分の不注意から、他人に迷惑をかけた。今後はそういうことがないように、自分が有頂天だったと気付かせてくれたメッセージだと思おう』 『つらいけど人に謝ることを教えてもらってよかったじゃないか。ここで素直になって、感謝しよう』 そして彼は思います。 『明るく出社して素直に謝って、新人の頃のように初心に戻ってやりなおそう。きっとそんなチャンスをもらったのだ』 会社に行ったBさんは明るく挨拶し、上司に謝罪しました。 そうしたら上司も、『昨日は言いすぎた、私の指示もよくなかったのだ』と言ってくれました。 元気に出社したBさんを見た同僚たちが集まってきて、『がんばろうな』『明るい顔して来たから、さすがって思ったよ』と言いました。 彼はそこから仕事の新たな面を見つけて、ますますがんばろうと思ったのです。 ※同じようなひとつの事実から、違うふたつの人生が見えます。 みなさんは、Aさんの人生、Bさんの人生。 どちらの人生がいいですか? でもこれは2人の人生ではないんです。 どちらも1人の人間の人生です。 考え方を変えただけで、一方は新しい人生を拓けたのです。 まずは、目の前の事実を受け入れます。 逃げても騒いでもだだをこねても、そこにある事実は『なかったこと』にはなりません。 ひとつの事実からふたつの人生 この思考力を身に付けてから生き方が変わってきて今も変化し続けています。 長文を読んでいただきありがとうございました? 読んで何か感じた人、これから変わっていきたい人あったらお話ししましょう?Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

後で閉められるのか? AIは敵か?こんな記事が載っていました。


まずは、『AIは敵か?』皆さんどう思われますか?私はAIを敵にするにも、味方にするにも、全て開発する人間の考え方、欲望によると思います。それがこの記事の内容です。『後で閉められるのか?』この記事の中に書いてあるように『私たちは今、何が起こるか分からない世界に通じる扉の前に立っています。』いったん人間の制御を超えるAIを生み出してしまえば、きっとあともどりはきかない。映画で観たような世界が訪れる可能性も秘めています。だからこそ、ただ怖がるのではなく、みんなで活用して、より大自然の摂理にマッチして、みんなが幸せになっていくために役立つ、能力を活用して人工知能AIの技術を進めて行ってもらいたいです。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

ピア・サポートを学校現場で取り組んでいる浜松市の中学校


ピア・サポートを学校現場で取り組んでいる浜松市の八幡中学学ぶ教員が居てその学びを生徒たちに教育、押し付けするのではなく、生徒が理論的なコミュケーション方法を理解して、仲間同士で支援する『ピア・サポート』が、浜松市八幡中学校で、新任教員の指導を担当する加茂直道教論が行っているそうです。渡瀬益章教頭は、コミュケーションエラーを防ぎ、仲間の悩みに寄り添える学校づくりのためには、発達段階に応じたコミュケーション方法を教員自らが習得し、日常的に取り入れる必要があると意義を語っておられます。このようなピア・サポートは学校だけではなく、大人の社会、会社内部など組織の中でも考え方の違い、意識の違いでコミュケーションが取れずにぶつかり合う場面があると思います。このピア・サポートも私たち大人、親が学んで、理解して活用していくことが出来れば、他人の意見を否定したり、反発したりしてぶつかり、喧嘩になり、その人を嫌いになる。大人の世界でもたくさん起きているジレンマも少しは解消されていくのではないかなぁって思います。なんと言っても、子どもたちの見本は私たち大人です🤗私たちがどんな姿を見せているのか、子どもは親を見て育っています😃ステキな見本になっていきましょうね❣️Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

認知症への意識


認知症への意識人は何歳になったら認知が始まるという決まった法則はありません。90歳を過ぎてもなって発症していない人もいれば、50歳を過ぎた頃から認知が始まって来る人もいるようです。そのような中、中日新聞の6月23日(金曜日)の記事が目に止まりましたのでシェアさせていただきます。認知症と診断されると、周囲があれもこれもあきらめて、出来ないことを増やしてしまう。医療が『認知症の人』にしてしまう面があると施設を運営する法人理事長の前田さんは指摘されています。前田さんは、超党派の国会議員連盟の会合で、『あきらめからの回復』をテーマに思いを伝えられ。仕事など活動を通して自分の弱みを見せ合える仲間ができ、生きる糧となる。それが認知症とともに生きる意欲につながる』と力を込めていらっしゃいます。6月14日、超党派の議員立法で『認知症基本法』が成立しました。法律の正式名称は『共生社会の実現を推進するための認知症基本法』共生社会の実現を推進するとの文言が入ったことが大きな一歩。一般社団法人『日本認知症本人ワーキンググループ』の藤田和子代表理事は、『予防は不必要ではないが、手段であって目的とは違う』。予防が目的とされると『認知症になったら終わり』という誤った認識や、予防への過剰な期待を広めかねないからと言われています。認知症介護研究・研修東京センターの永井久美子研究部長は、『認知症になっても人として当たり前に暮らし続けられることが基本法の主眼とされた。国や自治体の施策、医療、福祉、国民や企業など社会全体の理解と取り組みの根本的な質の向上を牽引する根本法』と評価。さらに、『認知症の人は支援されるだけで社会の負荷という考え方を、本人が個性や力を発揮しながら活力ある社会を共に築くという新しい常識、価値観に変える。全世代に浸透をはかり、法の具現化を進める体制設備が急務』と話されています。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

成績上がるにおいがある?


中日新聞6月17日(土曜日)の記事より!東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授の『竹内春樹』さん嗅覚のメカニズムを研究する竹内教授は、マウスを使いながら、細胞レベルでにおいの効能や効果を検証されています。医療などに生かせる研究ですが、においをかぐことで、勉強の効率やスポーツの競技力を引き上げる効果の解明にも取り組んでいらっしゃいます。研究を生かせる分野として、一番わかりやすいのは病気へ予防効果。嗅覚機能低下を抑えることができれば、病状の悪化を抑えるかもしれないそうです。もう一つは、アロマテラピーによるリラックス効果。そして今、新しくやろうとしているのが、においをかぐことで勉強の効果やスポーツのパフォーマンスを引き上げる効果。あるにおいを部屋中に充満させると計算ミスが減るなど、既に幾つかのデータが出てきているそうです。面白いのは睡眠中の嗅覚入力。五巻の中で唯一、においは入力しても起きない。においは他の感覚と違い、脳の中枢まで届くというマウスのデータもあります。においを入力することで、脳の状態を大きく変えうる可能性があるのだそうです。先天的に人間が警戒するにおいや、刺激があるにおいをかがせた時に、覚醒度が上がるのではないかと。もう一つは成功した時ににおいをかいでもらい、それと同じにおいをかいで再びトライすると、成功率が上がるのではないかという考え。両方を試す必要があるそうです。この記事を読んで、人間の五感の不思議、そして五感をどう刺激すると効果が出るのか?いま、人工知能(AI)が話題になっていますが、私たち人間が持っているこの感覚は人工知能(AI)には感じることはできないものではないかと思います。五感を使って、今日もいっぱい感じて行きましょうね。

모두 보기

自分の子どもに対する親のレール


親が敷いたレールを走ってきた。認めてもらいたくて、机に向かった。でも、いくら頑張っても『努力が足りない』と怒られる。テストの結果を両親に責められ、初めて反抗した。『僕は操り人形じゃない』父親にひっぱたかれ、家を飛び出した。男子生徒の両親は、ともに教員。成績優秀な一人息子の将来に期待を寄せる。親が最も大切だという学歴がなくても、社会に認められ、お金を稼いでいる人たちがいると気づいた。親の言いなりの自分でいいのか?迷いは成績に表れ期末テストで点数が下がり隠した答案が親に見つかり5時間以上も責められ我慢ができなくなり家出した。テストで学年二位や絵画コンクールで銀賞だと父親に叱られる。『なぜ一番になれないのか、今の自分に何が足りないのかを考えろって』精一杯の結果を出したと思っても、次々に高いハードルが課せられる。男子生徒はその重圧を百メートル走にたとえて、『9秒台で走れないのは努力が足りない。と言われているようだった。』と説明した。生徒の話しを聞いた男性は、『大きすぎる期待に苦しんでいる』と感じ、父親に伝えると、即座に反論された。『頑張らせるのは本人のため。医者や弁護士、大手銀行や商社で活躍したいと思った時に努力しても手遅れ。今は嫌でも、後で必ず親に感謝する時が来る』でも、男子生徒は『愛情も、感謝もない。憎しみだけ』親子の気持ちは重なり合わない。親に反抗したことを、男子生徒は『感情に任せて動いてしまった』と悔やむが、反省ではない。隠しておきたかった本心の一部を見せてしまったからだ。男子生徒には、親が望む道を進むと見せかけ、ゴール目前で全く別の進路を選ぶという秘めた計画がある。喜ばせておいて、最後で落とす。最も効果的なタイミングで、親の価値観を砕く。淡々と語る姿に男性は危うさを感じたという。男子生徒は、将来、ぼろぼろの古民家を再生させ、その過程を動画で配信したいと打ち明けた。『価値のないものに新たな価値を与えて、生まれ変わらせたい。』それも、親には言わない。否定されるだけだから。今はただ、耐えることでやり過ごす。このような、自分を考えている子ども、どう思いますか?私たち親は、子どもの将来のためといって、子どもの考えを聞かずにただ押し付けていないでしょうか?考えさせていただきました。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

『できすぎて仲間外れ』


この記事を呼んで大人がもっと子どもたちのことを分かってあげる、聴いてあげることが大切って感じました。勉強が出来なくて親に怒られて苦しんでいる子ども達の方に目を向けがちだけど、この子の様に授業ではみんなで一斉に教科書を読み、黒板を書き写し同じことの繰り返しに思えて物足りなかった。先生に分かる人はと言われた時、真っ先に手を挙げて答える時は嬉しかった。だが、その後同級生たちに囲まれ『おまえ、うるさい』、『黙っとけ』と言われ保健室に泣きながら駆け込んで来たという。何でも理解できる彼のことを、よく思わない子もいたと養護教諭が振り返る。『僕って、みんなと違うのかな』男子児童が不安を抱きながら、やり過ごすことを覚えた三年の時、休み時間に級友が近づき、『勉強ができるからって威張っている』その後の言葉が心に刺さった。『消えろ』その日から、登校前に気が重くなった。同じ思いをしないように授業で発言するのをやめたら、学校も授業もつまらなくなった。『勉強って、知らないことを知っていく楽しいもののはずなのに』抑えきれない好奇心は幼い頃から好きだった鉄道に向かった。興味はさらに広がって、授業では習っていない日本の政治の仕組みを知った。その話しを学校で話しが合うと思っていた友だちに話しかけると友だちは困った顔をして『そんなの、知らん』と自分の前から立ち去った。『僕の話しを面白いと聞いてくれる相手がいない。ばかにされるくらいなら、言わないほうがまし』友だちと一緒にわくわくしたいと、期待するのをやめた。学校で、気持ちを押し殺して過ごすことにも慣れた。いじめられているわけではない。周りの子がはしゃぐ声に寂しさが募る日もある。そういう時は頭の中で地図を思い描き、大人になったら鉄道会社の社長になって、新しい路線を作りたい。今は衰退していても、鉄道が通れば発展する地域が絶対にある。聞いてくれる友だちがいたなら、語りたい夢はたくさんある。この記事を読んで、先生や大人はこの子から話しを聞いてあげているのか?疑問に感じました。仲間たちと交れなくて、発達障がいの子どもたちが増えていると聞きますが、本当にその子たちは病気なのでしょうか?みんなと一緒じゃないといけないのでしょうか?その子の思い、やりたいこと、感じていることを私たち大人は真剣に聞いてあげているのでしょうか?Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

人生は演劇である❣️


人生は演劇である。劇作家、監督、演出、それは、ただ一人でかねていて、絶好無比、周到無類、至らぬくまもなく、及ばぬ時処もない。こうもこまやかにゆきとどいたものかとおそれいる。その上批評もし、報酬も与え、賞罰もあるが、公平無私、かつて一度の手落ちもなく、しすぎもない。この演劇は、悠久の古から永遠の未来にまで踊りつづけている、大規模の幕切れなしの劇である。その時、その場を、いかに、真理の筋書きに合するように演出しているか。時には他人の演ずる舞台の、観劇の場面もある。何をみても、悲劇・喜劇が、演ぜられている。小説や映画などは、この人生劇の一部を切りとって、解説した説明書である。『その大演劇の主役は、己自身である』丸山敏雄著『万人幸福の栞』より(おっさま感):以上の内容を読んでどう感じますか。感じ方に良い・悪いはありません❣️ただどう感じるか、『いま・ここ』の人生をどう生きていくのかも、自分の人生という舞台の生きかたじゃないかなぁって思います🤗いろんな環境のなか、私たちは生かされています。その状態をどう生きるのかの選択も自分自身が主役として演じることができるように人生は出来ているようです🤗まずは今日を、どう生きて行きましょうか💝Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

劣等感について‼️


劣等感は誰にでもあるものだとアドラーも認めています。劣等感それ自体は、悪いものではありません。私たち人間は無力な存在としてこの世に生を受け、その無力な状態から脱したいと願う欲求を持っています。『向上したいと願う』 『理想の状態を追求する』などです。その時、理想に到達できていない自分に対して、まるで劣っているかのような感覚を抱きます。アドラーは、『優越性の追求も劣等感も病気ではなく、健康で正常な努力と成長への繁樹である』と語っています。こうした劣等感にはなんの問題も ありません。ところが、一歩踏み出す勇気をくじかれ、『状況は現実的な努力によって変えられる』という事実を受け入れられない人たちがいます。なにもしないうちから『どうせ自分なんて』とか、『どうせがんばったところで』とあきらめてしまう人たちです。これは劣等感ではありません劣等コンプレックスです。この『コンプレックス』という言葉が、『劣等感』と同義であるかのように使われています。本来コンプレックスとは、複雑にからみあった倒錯的な心理状態を表す用語で、劣等感とは関係ありません。『劣等感』それ自体は、別に悪いものではありません。劣等感は努力や成長を促すキッカケにもなりうるものです。学歴に劣等感を持っていたとしても、そこから『私は学歴が低い、だからこそ、他人の何倍も努力しよう』と決心するとしたら望ましい話しです。一方の『劣等コンプレックス』とは、自らの劣等感をある種の言い訳に使いはじめた状態のことを示します。本来はなんの因果関係もないところに、あたかも重大な因果関係が、あるかのように自らを説明し、納得させてしまう。問題は、そうした現実にどう立ち向かうかなのです。もし『私は学歴が低いから、成功できない』と考えているとしたら、それは『成功できない』のではなく、『成功したくない』のだと考えなければなりません。『一歩前に踏み出すのが怖い』、また、『現実的な努力をしたくない』。いまの楽しみ、例えば遊びや、趣味の時間を犠牲にしてまで変わりたくない。つまりライフスタイルを変える『勇気』を持ち合わせていない。多少の不満や不自由があったとしても、いまのままでいたほうが楽なのです。(劣等感についての一部抜粋)アドラーの教えを書いた『嫌われる勇気』参照Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기

今、本当に大切なコミニュケーションとは!


鴨頭嘉人さんのYouTubeでこのお話しを聞いて、本当にその通りだと思いました。 そして、これからの日本の未来を作って行く、今の子ども達。 幼稚園や小学校、中学校や高校まで、大人が伝えることを素直に受け入れる年齢から、大人から受け入れた価値判断を元に自我が芽生えて来て、自分自身の思いや考え方が作られてくる年齢まで、全て大人の作った社会の仕組みにあてはめられています。 それも無意識の内に自分の潜在意識に入っているので、小さな頃言われてきたことを忘れて、今、おとなになりかけている自分自身の意識・考え方だと錯覚しています。 だからこそ今、周りを見て、日本だけではなく、世界はどうなっているのか視野を広く見渡すことが大切になっています。 だからこそ、この鴨頭嘉人さんの、コミュニケーションのお話しを聴いてください。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

모두 보기