私人

卡苏-钱的朋友,宫普


山本加津子(酷)朋友宫普与同事(宫田)据说他今天去世了。 13年前,他因脑干出血而昏倒,昏倒后,他活了三个小时。 在克服了这些困难之后,我活了三天。 医生告诉我,“即使有帮助,我也会瘫痪,因为一辈子都处于植物状态,身体的任何部位都无法移动。 当时,她认为宫普听到它,即使它被告知没有意识,它理解它。 酷是孩子谁见过到目前为止教,即使有多么沉重的残疾的孩子被告知,这是植物状态,每个人都听到和理解。 卡库-钱首先想到的是,我想在宫普的某个地方找到一个地方,这样我一个人可以移动它。 如果你在一个地方移动它,你可以在那里回答。 例如,如果你眨眼一次,你可以说是,两次,你可以说不,或者如果你考虑一种方法,你可以做很多沟通。 这真的让我想起了酷的一切。 在电影中,酷和宫普告诉我们很多。 宫维尼,谁一直在努力约13年,这样做,似乎已经走了。 *以下是括号的杂志。 宫普今天早上5点5分去世了。 血从胆囊里出来后,血液从胃和肠道流出,血压下降,就像我跌倒时一样。 13年半来,在许多人的帮助下,宫普尽了最大的努力。 我衷心感谢邮件杂志的每一个人。 非常感谢。 从昨晚开始,甚至在早上,我都会哭。 但我认为宫普可能一直在等待我从以色列回来。 每当我说“不要再死”时,宫普都笑了起来。 这是一个非常强大和温柔的宫普。 在我计划的时候,有一个通宵和葬礼,我想我今天要理发。 我每隔两周理发一次。 我无缘无故地写了它。 非常感谢。 谢谢你的阅读。 感谢您阅读长篇大篇。 我的朋友也在国外昏倒了,昏迷不醒,回到了植物状态。 当我去探望他们时,他们没有反应,但得知宫普和白雪公主项目的消息后,他们告诉我,他们总是听到我的声音。 如果有人说,他们不知道他们附近什么也没有听到,请给他们很多。 语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

我去了科罗纳疫苗的集体接种。 两次接种结束! 接种了由模型纳制成的疫苗后。


关于日冕疫苗的接种,我一开始不会接种。 随着各种信息的出现,我感到自己被这种疫苗所吸引,那就是它使用了“基因改造技术”。 虽然我们是在自然界中生存的,但我们对把人类开发的基因的重组人工基因放进去感到厌恶和焦虑。 那时,我63岁,直到年老,现在我成了一个老年人,当我想到死亡时,我决定接种疫苗,因为我不能表达我的感受,因为我更害怕自己,体验它。 然后,当我考虑接种疫苗时,我感觉我是否处于精神状态,我通常担心日冕和接种后的副反应。 然后,我接受了疫苗进入我的身体的想法,即整个37万亿个细胞将获得新的疫苗细胞,这将增加我的功率,如果37万亿个细胞中任何细胞仍然没有移动(OFF),那么一个美妙的细胞将进入我的身体,打开它。 这没有任何医学证明,但第二天体温上升到37.1度,但身体状况,没有懒点,没有头疼,身体不重,胃口也花了。 这可能是我这个年龄的关系。 然而,也许,在安慰剂效应下,我的思想进入大脑,感觉疫苗和我最初拥有的细胞可以手拉手,进一步调整身体。 我们把它上传到视频中。 请看一看。 科罗纳疫苗的集体接种,由模型娜制造,滨松市扎扎城市语言页面被自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

如何在家里烤美味的滨松饺子


大流"如何在家里烤美味的滨松饺子"在视频中令人着迷。 我也站在厨房里做饭。 今天,我在家里用圆形煎锅用冷冻饺子烤了美味的饺子。 如何在家里烤美味的滨松饺子语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

探索滨松站附近的活动城市的魅力


活动城塔是滨松市的象征塔。🤗活动城毗邻滨松站,活动塔语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

听歌手ERIKO的歌声


ERIKO'S VOICE “活着的原因... 这是我作为专业歌手发行的第一张专辑。 2007年夏天,他患了甲状腺癌。 立即住院。 右颈动脉、右肩淋巴结、耳下腺淋巴结也观察到转移,右颈部需要切口和复杂切除,范围相当广。 我被告知,如果气管的骨头到达,它成为气管切口,在这种情况下,日常谈话的声音也变得困难。 “当然,请放弃这首歌,不幸的是,在这种状态下,这绝对是不可能的。 生命和声音,你会选择哪一个? 当医生在家人面前清楚地告诉我时,我脑子里一片空白。 我甚至没有流泪。 一切都是活着的。 继续阅读爱可可官方网站的“爱丽子的情人”。 “ERIKO'SVOICE点击这里”和这个声音,这是回响我们的头脑,在2020年11月的新专辑发布,其中我最喜欢的歌曲,并跳舞的歌曲“在星星之夜”也出现在YouTube上,所以请听它。 在 ERIKO 星夜,语言此页面被自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

"这是我",现在我觉得这很重要! 所以分享


グレイテストショーマンの映画は見られた人多いと思います。 私も見ました。 でも、この練習風景の動画2つにメチャクチャ感動しました。 以前にもこのリハを紹介させていただきましたが、今この歌を聴いて、この画像の中でいろんな人がひとつになって歌っているこの素晴らしさをもう一度、届けたくなって歌詞も字幕から書き留めました。 歌詞を心で読みながら、歌を聴いてください。 私は暗闇を知っている 言われた「隠れていろお前など見たくない」 体の傷は恥だと知った 言われた「消えろ、誰もお前など愛さない」 でも、心の誇りは失わない 居場所はきっとあるはず 輝く私たちのために 言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる 勇気がある、傷もある、ありのままでいる これが私 気をつけろ、私が行く 自分で叩くドラムが伴奏 見られても怖くない、謝る必要もない これが私 心に弾を受け続けた でも撃ち返す 今日は恥も跳ね返す バリケードを破り、太陽へと手を伸ばそう 私たちは戦士 戦うために姿を変えた 心の誇りは失わない 居場所はあるはず 輝く私たちのために 言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる 勇気がある、傷もある、ありのままでいる それが私 気をつけろ、私が行く 自分で叩く、ドラムが伴奏 見られても怖くない、謝る必要もない これが私 私にも愛される資格がある 値しないものなど、何ひとつない 言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる 勇気がある、傷もある、ありのままでいる これが私 気をつけろ、私が行く 自分で叩くドラムが伴奏 見られても怖くない、謝る必要もない これが私! グレイテストショーマンリハ① 手術したばかりで歌う Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

显示全部

21世纪最大的人类挑战现在在这里"思想成真"


『思考』は『言葉』から成ることに氣づこう。 少年が、どこかに必ずあると噂されている『幸せに生きることができる宝』を探す旅に出ました。 少年は、いろんなところへ行き、沢山の人に出会いました。 だけど、想い描いていた宝には巡り合うことが出来ず、一人で悩んでいました。 やはりこの世に宝は無いのかとあきらめかけていたとき、一人の白髪で小柄なお爺さんと出会いました。 この人に聞いてもダメだったら、もう諦めようと思いながら、老人に、自分の想いを話した後、たずねました。 『この世に幸せに生きることができる宝物』ってありますか? 老人はジッと少年の目を見つめながら言いました。 老人:『はい、ありますよ』 少年:『本当にあるんですね!』 老人:『ああ、本当だとも。幸せに生きることができる宝物がある』 しばらく、少年から言葉が出てこなくて、老人が一言話しだしました。 老人:『それは、簡単なたったひとつのものだよ』 少年:『そのものって何ですか?』 老人はゆっくりとした話し方で少年に向かって言いました。 老人:『それは、いい言葉を口にすることだよ』 少年:『エッ、それだけですか?』 少年はすごい宝物のありかを教えてくれると期待していたので、ガッカリしました。 老人はガッカリしている少年の姿を見ながら、少年の心を読み取った様子で言いました。 老人:『信じられないかもしれない、そんな簡単なことで幸せになれるなんてと思うかもしれない。  しかしね、言葉こそが【宝物】なんだよ』 少年:『言葉が宝物?』 老人:『少年よ、よく聞きなさい。人間は言葉を使い、言葉で心のやりとり、思いを伝えてあう。        当たり前に、無意識に使っている言葉の力に氣づいている人は少ないんだよ。 もしも、氣づいたとしても、その言葉を意識して使い続けてる人は、もっと少ないんだよ。 だけど、人は幸せに生きることができる宝物が物である。他の場所にあると思って、長い長い旅に出ては見つから ないと言って、疲れ、苦しんでいるんだよ。 少年は、その老人の言葉一言一言を飲み込むように聞いていました。 老人が、それまでの優しい話し方から一変して、目を開き少年をジッと見つめてハッキリした口調で       ゆっくりと話しだしました。 老人:『少年よ、よく覚えておきなさい。いい言葉がいい未来を創るんだ。                  人生は自分が発した言葉の通りになる』 老人:『いつも、つまらないなぁと言っていたら、つまらない人生になる。 『自分なんか、なにもできない人間だし、ダメな人間なんだと言っていたら、ダメな人生になる』 幸せに生きる宝言葉は、『人生面白い、いろんなことがあるけど、それによって、いろんな勉強させてもらって  ありがたい』 『今までは、自分には無理、難しいとつい言葉に出していたのを、なんか面白そう、まずはやってみよう。    上手くいかなかったら、他のやり方試せばいいや。』 いままで、少年のまわりの大人たちは、いつも見えるものだけに頼って生きていて、『幸せに生きる宝とは、   お金とか物だとしか思っていなかった』 しかし、今、やっと『幸せに生きることができる宝』はすぐそばにあることに氣づいてきた人間が出てきたんだ。 私はそれを待っていたんだ。 長い間、老人になったり、青年になったり、女性になったり、老婆になったり、人間だけではなく、       いろんな現象になったりして、ただ氣づくのを待っていた。 少年よ君が大人になったとき、この事を忘れていて、フッと思い出した時、私はもう歳だからとあきらめないで  ほしい。 【ひとは、変わろうと思った時に、いつでも変わることができる】 老人:『それは、なんでかわかるか少年よ』 少年:『いえ、わかりません』 老人:『思いは言葉が創るからだよ』 少年:『・・・・・?』 老人:『少年よ、頭の中で言葉を使わずに、大好きな食べ物のことを考えてごらん』 少年:『?・?・?』 老人:『どうだい、言葉を使わず考えることはできないだろう。』 だからこそ、自分が発する言葉が自分の人生を幸せにするのか! 幸せではないとするのかも、           [...]

显示全部

现在在这里


“我想死是为了活着,而不是为了死亡,”法国作家安德烈·马洛说! 没有人知道你的生活什么时候会结束。 这就是为什么我希望他们珍惜他们活着的时刻。 这是一位27岁时死于癌症的俄斯特拉里亚斯妇女的最后信息。 我也听到了这个词,所以我引用了它。 死亡被教导为可怕的,可怕的。 然而,我改变了我的想法,因为我总是想到死亡总有一天会来,这导致了我现在的生活。 我不知道如何传达给大家,但我会发送它,而不必担心误解。 我的“死亡”是没有必要考虑的,明天和后天,就像今天一样,自然而然地到来。 我每天都在想,我的生活会持续10年、20年和30年。 然后,即使我有“我绝对想做的事情”,你也不会推迟“明天做”“我以后做”“我会做”“如果这项工作结束”和“让我们在退休后的乐趣”? 即使日常生活没有满足感,并且想要“改变”,对改变的焦虑也会占上风,而且,随着时间的推移,你是否仍然会这样? “没有人知道你的生活何时会结束,这就是为什么让我们珍惜现在活着的时刻。” 语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

谢谢你见到我。


谢谢你见到我,这句话在我的脑海里回荡。 我的真名石泽贵子,我总是叫我“塔科丘桑”。 6月29日,塔科丘先生出发了,今天,虽然有点早,但他去见他了。 我认为相遇不是长的,而是偶然的,有缘分的,有东西,相遇是天生的。 这个博客的内容,分手是痛苦的,不是悲伤的,我们现在生活,我们可以花每一天,而不喜欢,你可以花每一天的乐趣,两者都是由我决定的。 这是美妙的,如果我可以相信,我改变与一点点,和淇。 我感谢塔科丘先生,感谢他,并感谢他照顾大家。(^_-)-语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部

成人花的乐趣教室


[Hotecal] 我参加了^_^在文化神奈川市皇宫酒店举办的“Ha-钡”成人花展班,他是阿特里尔曼·铃木东香的精美作品。 最后,当皇宫酒店的经理海野先生想把美味的咖啡放进去喝的时候,海野先生的声音里传来哈皮巴-苏迪的声音,手里拿着一个凯基,他为我准备了凯诺先生。 ^_^(^_^)v 和大家一起庆祝(o^^o)纪念照片语言这个页面是自动翻译的,由铃木知卡的成人花游戏教室在皇宫酒店参加。 请注意,它可能与原始内容不同。

显示全部