I went to the mass vaccination of corona vaccine. Two inoculations are finished! After vaccination made by Modelna.

コロナワクチンの接種に関して、私は最初受けないつもりでいました。 それは、いろいろな情報が入ってくる中で、今回のワクチンは「遺伝子組み換え技術」を使ったものだということが自分の中に引っかかっていました。 私たちは自然界で生かされている存在なのに、そこに人間が開発した遺伝子の組み替えた人工的なものを入れることに反発と不安を持っていました。 そのとき、私は63歳という年齢で高齢とは行かないまでも、シニア世代になっている今、死を身近に考えた時に、怖がっているよりも、自分で受けて体験して、どんな感じなのかは受けた人でないと言い表すことが出来ないと思い接種を受けることにしました。 それでは、接種を受けるときの心の状態はどうかと考えた時に、コロナの恐れと、接種後の副反応が心配という気持ちを持って受ける方がほとんどだと思います。 それでしたら、私はワクチンが私の身体に入ることによって、37兆個の細胞全体がその新しいワクチン細胞を受けいれて、自分のさらにパワーアップしてくれるものになる、そして37兆個の細胞の中でまだ動いていない(OFF)になっている細胞があれば、そのさいぼうをONにしてくれる素晴らしい細胞が新しく身体に入ってくるという思いで受けてみました。 これは、医学的な実証も何もありませんが、翌日体温が37.1度まで上がりましたが、体調的には、だるさも無し、頭も痛くない、身体も重くないなにもなく、食欲もあり過ごせました。 これは、私の年齢の関係かもしれません。 でも、もしかしたら、プラシボー効果で自分の思い込みが脳に行って、ワクチンと自分が元々持っている細胞とが手を取り合いさらに身体を整えてくれるようにしてくれている感じがします。 それを動画でアップさせていただきました。 ご覧ください。 コロナワクチンの集団接種、モデルナ製、浜松市ザザシティLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

家庭でできる美味しい浜松餃子の焼き方

おっさま流「家庭でできる美味しい浜松餃子の焼き方」を動画で魅せちゃいます。 私も家庭ではキッチンに立ち、料理を作ったりしています。 今日は、自宅にある丸いフライパンを使って、冷凍餃子で美味しく焼いてみました。 自宅でできる美味しい浜松餃子の焼き方Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Explore the charms of Act City, adjacent to Hamamatsu Station

アクトシティのタワーは、浜松市を象徴するシンボルタワーです🤗浜松駅に隣接するアクトシティ、アクトタワーLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Listening to singer ERIKO's singing voice

ERIKO’S VOICE 「生きている理由・・・それは歌うこと。」 なぜ私にとって生きることと歌うことが同等なのか? それは私がプロの歌手として初めてのアルバムをリリースする矢先の出来事にある。 2007年の夏、甲状腺癌が発覚。 即入院。 右頸動脈、右肩リンパ節、耳下腺リンパ節にも転移が認められ、右側頸部はかなり広い範囲での切開と複雑な切除が必要とされた。 もし気管の骨に達していれば気管切開となり、その場合は日常会話の声も困難になることを知らされた。 「歌はもちろん諦めてください。残念ながらこの状態では絶対に無理です。命と声、あなたはどちらを選びますか?」 担当医からはっきりと家族の前で告げられた時、頭の中は真っ白。 涙すら出なかった。 すべては生きてこそ。 ・・・続きはERIKOさんの公式HPの「ERIKO’S VOICE」をお読みください。 『ERIKO’SVOICEこちらをクリック』 そして、すごい努力の結果、私たちの心に響くこの歌声 2020年11月に新アルバムリリースされ、その中でも歌われている私も大好きでこの曲で舞をさせていただいている「箒星の夜に」がYouTubeにもアップされましたので是非聴いてみてください。 ERIKO箒星の夜にLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

「これが私」今、大切なことだと感じた私!だからシェア

グレイテストショーマンの映画は見られた人多いと思います。 私も見ました。 でも、この練習風景の動画2つにメチャクチャ感動しました。 以前にもこのリハを紹介させていただきましたが、今この歌を聴いて、この画像の中でいろんな人がひとつになって歌っているこの素晴らしさをもう一度、届けたくなって歌詞も字幕から書き留めました。 歌詞を心で読みながら、歌を聴いてください。 私は暗闇を知っている 言われた「隠れていろお前など見たくない」 体の傷は恥だと知った 言われた「消えろ、誰もお前など愛さない」 でも、心の誇りは失わない 居場所はきっとあるはず 輝く私たちのために 言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる 勇気がある、傷もある、ありのままでいる これが私 気をつけろ、私が行く 自分で叩くドラムが伴奏 見られても怖くない、謝る必要もない これが私 心に弾を受け続けた でも撃ち返す 今日は恥も跳ね返す バリケードを破り、太陽へと手を伸ばそう 私たちは戦士 戦うために姿を変えた 心の誇りは失わない 居場所はあるはず 輝く私たちのために 言葉の刃で傷つけるなら 洪水を起こして溺れさせる 勇気がある、傷もある、ありのままでいる それが私 気をつけろ、私が行く 自分で叩く、ドラムが伴奏 見られても怖くない、謝る必要もない これが私 私にも愛される資格がある 値しないものなど、何ひとつない 言葉の刃で傷つけるならContinued

21世紀最大の人類における課題が今ここに『思考は現実化する』

『思考』は『言葉』から成ることに氣づこう。 少年が、どこかに必ずあると噂されている『幸せに生きることができる宝』を探す旅に出ました。 少年は、いろんなところへ行き、沢山の人に出会いました。 だけど、想い描いていた宝には巡り合うことが出来ず、一人で悩んでいました。 やはりこの世に宝は無いのかとあきらめかけていたとき、一人の白髪で小柄なお爺さんと出会いました。 この人に聞いてもダメだったら、もう諦めようと思いながら、老人に、自分の想いを話した後、たずねました。 『この世に幸せに生きることができる宝物』ってありますか? 老人はジッと少年の目を見つめながら言いました。 老人:『はい、ありますよ』 少年:『本当にあるんですね!』 老人:『ああ、本当だとも。幸せに生きることができる宝物がある』 しばらく、少年から言葉が出てこなくて、老人が一言話しだしました。 老人:『それは、簡単なたったひとつのものだよ』 少年:『そのものって何ですか?』 老人はゆっくりとした話し方で少年に向かって言いました。 老人:『それは、いい言葉を口にすることだよ』 少年:『エッ、それだけですか?』 少年はすごい宝物のありかを教えてくれると期待していたので、ガッカリしました。 老人はガッカリしている少年の姿を見ながら、少年の心を読み取った様子で言いました。 老人:『信じられないかもしれない、そんな簡単なことで幸せになれるなんてと思うかもしれない。  しかしね、言葉こそが【宝物】なんだよ』 少年:『言葉が宝物?』 老人:『少年よ、よく聞きなさい。人間は言葉を使い、言葉で心のやりとり、思いを伝えてあう。        当たり前に、無意識に使っている言葉の力に氣づいている人は少ないんだよ。 もしも、氣づいたとしても、その言葉を意識して使い続けてる人は、もっと少ないんだよ。 だけど、人は幸せに生きることができる宝物が物である。他の場所にあると思って、長い長い旅に出ては見つから ないと言って、疲れ、苦しんでいるんだよ。 少年は、その老人の言葉一言一言を飲み込むように聞いていました。 老人が、それまでの優しい話し方から一変して、目を開き少年をジッと見つめてハッキリした口調で       ゆっくりと話しだしました。 老人:『少年よ、よく覚えておきなさい。いい言葉がいい未来を創るんだ。                  人生は自分が発した言葉の通りになる』 老人:『いつも、つまらないなぁと言っていたら、つまらない人生になる。 『自分なんか、なにもできない人間だし、ダメな人間なんだと言っていたら、ダメな人生になる』 幸せに生きる宝言葉は、『人生面白い、いろんなことがあるけど、それによって、いろんな勉強させてもらって  ありがたい』 『今までは、自分には無理、難しいとつい言葉に出していたのを、なんか面白そう、まずはやってみよう。    上手くいかなかったら、他のやり方試せばいいや。』 いままで、少年のまわりの大人たちは、いつも見えるものだけに頼って生きていて、『幸せに生きる宝とは、   お金とか物だとしか思っていなかった』Continued

"Here now"

『僕が死を考えるのは、死ぬためじゃない生きるためなんだ。』フランスの作家 アンドレ・マルロ-の言葉より!自分の人生がいつ終わりを迎えるのかは誰にもわからない。だからこそ、今生きている瞬間をかけがえのないものとして大切にしてほしい。これは、27歳でがんによりこの世を去ったオ-ストラリアス人女性の最後のメッセージだそうです。私もこの言葉に響いたので、引用させていただきました。死を恐ろしいもの、怖いものとして、教えられて来ました。でも、必ずいつかはくる死を考えるからこそ今をどう生きるかに繋がっているということに氣づいて、考え方が変わりました。みなさんにどう伝わるか分かりませんが、誤解を恐れず発信します。自分の『死』はまだまだ考える必要がないことで、今日と同じような明日や明後日が当然のようにやってくる。そして、自分の人生は10年、20年、30年とまだまだ続いていくと思いながら、日々過ごしています。そうすると、自分にとって『絶対やりたいこと』があったとしても、『明日やればいいや』『そのうちやろう』『この仕事が一段落したらやろう』『定年後の楽しみにとっておこう』と先延ばしにしていませんか?毎日の生活に充実感がなくて、『変わりたい』と思っていても、変化することへの不安が勝ってしまい、そのうちと、そのままになっていませんか?『自分の人生がいつ終わりを迎えるのかは誰にもわからない。 だからこそ、今生きている瞬間をかけがえのないものとして大切にしましょう。』Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

出逢ってくれてありがとう

出逢ってくれてありがとう この言葉が心に響いてきます。 本名 石澤貴子さん 私はいつも『たこちゅうさん』と呼ばせていただいていました。 そのたこちゅうさんが旅立ったのが、6月29日 今日は、ちょっと早かったけど逢いに行って来ました。 出逢いは、長さではない、そのタイミング、そしてご縁、なにかがあって出逢いが生まれていると思っています。 今回のブログの内容は、別れが辛い、悲しいということではなく、いま生きている私たちは、嫌々ながら毎日を過ごしていてもいいし、楽しんで毎日を過ごしていてもいい、そのどちらも自分が決めているじゃん。 そこそこ、ちょこっとした、その氣づきで自分が変わってくることを信じてあげられたらステキです。 たこちゅうさんに『ありがとう』という感謝の氣持ちと一緒に、みんなを見守ってありがとうとお伝えしますね~(^_-)-☆Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

大人の花あそび教室

☆ホテカル☆ ホテルでカルチャー掛川市のパレスホテルで開催された『ハ-バリウム』大人の花あそび教室に参加してきました^_^主宰はアトリエシャルマン 鈴木智香さん参加のみんなのステキな作品です。最後になって、パレスホテルの支配人の海野さんが美味しいコ-ヒ-を入れてくださり飲もうとしたら・・・なにぃ、なにぃ~海野さんの声でハピバ-スディが聞こえてきて、手にはケ-キが・・・私のために、ケ-キを用意してくださっていたんです^_^海野さんと一緒に(^_^)vお祝いしていただいたみんなと一緒に(o^^o)鈴木知香さんの大人の花あそび教室inパレスホテル参加のみんなで記念写真Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

温活体験がすご~い

温活の初体験を、カフェスペース馨の森さんで受けさせていただきました(^_^)ハンドタイプもあり、半身タイプ、全身タイプもあるそうです。サロンへ行けば全身タイプも体験できるそうです。今日は、温活初体験と言うことで、カフェスペース馨の森さんへ持って来ている、半身タイプに入り、まずは芯から温めて血行促進。服を着たまま入ることができるので、着替えの心配も要らない、入ると足から、下半身から身体の中が気持ちよく温かくなってきて、全身がホカホカ。そして、ハンドタイプをやっていただいたら、身体中の細胞さんがゆるんで、喜び出して、思わず、写真のような顔になっちゃいました。月に1回、馨の森さんで体験会を開催してくださるそうです。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。