有珠山・昭和新山・洞爺湖は凄い大地のエネルギーを感じるパワーポイント!

北海道の広い大地の中で、生きている自然を感じられる場所がありました。


噴煙が見える北海道の有珠山


最新の噴火は2000年(平成12年)の噴火です。


有珠山には350年前から噴火の記録があり、定期的に噴火しているので、予測ができたため、2000年の噴火では人的被害がなかったそうです。


でも建物や道路などが噴石を浴びて穴だらけになっていたり、道路が陥没していたりの状態をそのまま残されています。


その状態がジオパークとなって散歩しながら見ることが出来ます。


有珠山の山頂へ登るロープウェイに乗ると、すぐ横には畑から噴火して出来上がった昭和新山が今も噴煙をあげています。


山頂からは洞爺湖が見渡すことができ、遠くには北海道の富士山と言われる、羊蹄山が見えます。


奇跡の山「昭和新山」は、昭和18年に突然火山が出現。


昭和18年の地震をきっかけに、爆発音とともに隆起し始めた麦畑。


4ヶ月も続く爆発と2年間もの月日をかけて、今現在の昭和新山の大きさになったそうです。


動画の中に出る『一本の木』は、2000年に噴火して20年経った今、アスファルト道路に出来た割れ目からで出てきた『イノチ』です。


道路の真ん中に『わたしは生きています』と自然体でその姿を魅せてくれています。


この姿に感動したので今回動画にしてみました。


そして、動画とともに流れている歌声は、プロの歌手ではありません。


絶対音感を持った女性が自宅で電子ピアノを弾きながら歌っています。


このすばらしい歌声を聴きながら動画をご覧ください。






?Gg[???ubN}[N??